プラセンタのメリット・デメリット

プラセンタのメリットはやはりその豊富な作用が挙げられます。

胎盤と言うことで母体内で胎児が育つための栄養素がぐっとつまっているわけですから、細胞分裂を促進させる成長因子やアミノ酸などの豊富な成分が含まれているのです。

この栄養素を摂取すると新陳代謝が活発化し、美容にも健康にもヒトの体にいい作用をもたらします。その摂取方法は注射とサプリメントの二通りがあります。前者は厚生労働省が認可した方法で専門クリニックで行いますから、その安全度は確証されていると言えます。

また体内に直接注入するわけですからサプリメントと比べて効果は格段に期待することが出来ます。更にビタミンCなどと合わせて注射することによって美容によりよい効果をもたらしてくれると言えるでしょう。

デメリットとして挙げられるのは毎回クリニックに通院する必要があるため、その分費用がかさんでしまうところです。特に美容目的のプラセンタ駐車は保険対象外なので注意しなければいけません。

一方、サプリメントでの摂取は注射と比べて比較的安価で手軽に使用することが可能です。

また自分の状態に合わせて量を調節することも出来ます。しかしメリットとして販売されているサプリメントでも粗悪なものが多いという問題点があります。何故そのようなことが起きるのかと言えばサプリメントに加工する際に添加物を使用したり他の栄養素を混ぜたり様々な方法を行っているからです。

よって場合によってはなかなか効果が期待できない場合があることがデメリットと言えるでしょう。