妻の不倫が原因の離婚で子供の親権はどうなる?

妻の不倫が原因の離婚の場合、子供の親権はどうなるのでしょう。

妻が浮気をした場合でも、残念ながら、親権は妻に有利に働きます。夫が引き取ってもいいのですが、どうしても夫は不利になります。

離婚後の子供の親権というと、一般的には、母親が有利とされています。それは、子供の幸せが優先されるからです。

子供の気持ちが不安定になるのを避けるため、最善の方法として、妻に親権を持たせることが多いのです。妻の不倫が原因で離婚する場合でも、妻が子供に虐待していたり、育児を放棄していない限り、親権は母親が持つことが多くなります。

ただ、浮気をされた夫側からすると、不倫をした妻に子供を奪われたくないという意地があります。

妻の不倫が原因で離婚になったのに子どもと暮らせなくなるのは、夫にとって理不尽です。しかし離婚の問題と親権問題は全くの別物で、法律上、夫が親権を得られる確率は低いと言わざるを得ません。

子供が父親と一緒にいたいと言わない限り、いつも一緒にいる時間の多い母親に親権が移ってしまうのです。妻が子供に虐待をしていた場合や、妻が育児放棄をしていた場合、子どもが母親ではなく父親に付く意志がある場合にのみ、親権が父親に渡ることが多いです。